Our Sponsors

その他

【菊花賞2018】血統分析|実は瞬発系ディープインパクト産駒が好相性の理由!血統予想

更新日:

Pocket

今週末10月19日(日)は、菊花賞2018が開催されます。

過去5年間3着以内馬の血統傾向では、

基本的にはスタミナ型血統の種牡馬が好相性ですが

瞬発力もあるディープインパクト産駒が毎年のように結果を残しています。

今年は、エポカドーロのオルフェーブル産駒が新種牡馬として結果を残せるかも含め、血統診断してきます。

また、前走「神戸新聞杯」組が好調など、レース傾向もチェックしていきます。

エポカドーロ、ブラストワンピース、エタリオウ、ジェネラーレウーノ、 グレイル、メイショウテッコンらが出走予定です。

菊花賞2018血統競馬予想です。

こんにちは。1990年代の音楽テイストを取り入れている

王道ポップスバンド「Neontetra(ネオンテトラ)」の

ボーカルを担当しているセイカです。

競馬ファン歴・約20年のセイカが

血統の観点から、週末の重賞レースについて綴っていきます。

 

名古屋遠征に来ておりますー!

14日は名古屋・栄の大津通ホコ天ライブに出演させていただき

15日は名古屋・新栄ハートランドでLIVE!

 

今、「3MinutesSong」×「4ヶ月連続リリース」という

企画に挑戦してまして

ちょうど、15日はその10月CDの発売でした(*^▽^*)

 

名古屋のみなさんは本当にあったかくて

名古屋にかえってきたな~~と思わせてくれる

大好きな場所になりました。

路上ライブもやったよ~。

沢山の方が来てくれてうれしかったな☆

 

そうそう、この競馬ブログやYouTubeをみてくれとる人で

「勇気をふりしぼって、liveに来てみました!」という方も

何名かいらっしゃってくれて!!

 

本当に嬉しかった~~~~!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

音楽の方も、少しでも愛してもらえたら

Happyです(^^♪

 

さて、本日のブログでは

菊花賞2018について

血統分析をおこないます。

 

過去5年間・3着以内馬のデータをみながら

コース分析、傾向分析も行います。

 

コース分析 傾向分析

京都・芝3000mのコース分析と傾向分析です。

 

【1】実は瞬発力系がマッチ?!

3000mなので、当然ながらスタミナ力は必須です!

そのうえで、ですが、

瞬発力が実は効いてくるコース。

道中、起伏がありパワーも必要ですが

最後は、スピード力がカギになってきます。

 

 

【2】前走「神戸新聞杯」組が買い!

前走「神戸新聞杯」に出走していた馬が

過去5年間・3着以内馬で9頭も占めています。

 

もう少し詳しくみていくと

・神戸新聞杯で3番人気以内

または

・神戸新聞杯で4着以内

という馬が絡んできています。

 

前走「セントライト記念」組みは、2頭のみ。

重視するのは、「神戸新聞杯」組のほうがよさそうです。

 

 

【3】2枠が好相性!

過去5年間・3着以内馬をみていくと

 

「2枠」の馬が、毎年1頭は入ってきています。

次いで「7枠」が4頭ですね。

 

3枠・4枠の馬は、1頭も3着以内に絡んでいません。

4枠に至っては、過去10年間をみても

1度も絡んできていないですね。

 

 

【4】1番人気の信頼度は75%!

過去10年間・3着以内馬をみていくと

「1番人気」の馬は

75%の確率で3着以内にはいってきています。

 

よっぽどの理由がない限りは

1番人気の馬は買い目に入れたほうがよさそうです。

 

また、「2番人気」「3番人気」の馬については

過去10年間で2番人気2回、3番人気3回しか

絡んできていません。

 

 

過去血統データ分析

菊花賞2018について

過去5年間の血統傾向のデータ分析です。

 

<菊花賞2018 過去5年間 血統データ分析>

 

【1】以外にも瞬発系ディープインパクト産駒が好相性!

3000mと、まずはスタミナ系種牡馬を

チェックしたいところだと思いますが

以外にも、瞬発系の

ディープインパクト産駒が強い!!

 

ディープインパクト産駒は

もともと、スピード決着のコースに向いていますので

京都という舞台は、ベストです。

(先日の秋華賞でも、2着ミッキーチャーム、3着カンタービレは共に

 ディープインパクト産駒。

 

しかしながら、今回はやはり3000mなので

スタミナ重視したいところではありますが

ディープ産駒は、スタミナもそこそこあります。

 

力のいるコースの長距離は向きませんが

京都のようなそこまでパワーを要しない

長距離は向いていますね。

 

 

ディープ産駒が毎年のように絡んできているので

チェックしておいたほうがよさそうです!

 

 

【2】スタミナ型のトレンド血統に注目!

昨年は、不良馬場だったということもありますが

スタミナ型血統の「ルーラーシップ」産駒「キセキ」が1着でした。

 

比較的新しいトレンド血統をみていくと

2018年の出走馬の中では

以下の馬が挙げられます。

 

 

・エポカドーロ⇒オルフェーブル産駒

・グロンディオーズ⇒ルーラシップ産駒

・ブラストワンピース⇒ハービンジャー産駒

・カフジバンガード⇒ハービンジャー産駒

 

この比較的新しい種牡馬たちの仔が

菊花賞2018の舞台でも

力を発揮できる可能性は十分にありそうです。

 

 

【3】母父はパワー型血統がGOOD!

母父の血統でみていくと

パワー型血統の相性が良いようです。

 

パワー型でいうと

・ヴァイスリージェント系(ノーザンダンサー系統)

・サドラーズウェルズ系(ノーザンダンサー系統)

・ミスタープロスペクター系

・プリンスリーギフト系(ナスルーラ系統)

・グレイソヴリン系(ナスルーラ系統)

・ボールドルーラー系(ナスルーラ系統)

 

このあたりがよさそうです。

 

 

【4】注目したい「ロベルト系」

「ロベルト系」(SS系と近しい系統)の馬が

なかなかいい活躍をしています。

スタミナ型血統ですね。

 

過去5年間で、菊花賞に絡んだ馬は

エピファネイア、ゴールドアクター、クリンチャーが

このロベルト系の血をもつ馬です。

 

注目したい血統ですね。

 

 

菊花賞2018 血統分析

1週前時点での注目馬について

血統分析・血統診断を行います。

 

エポカドーロ

父:オルフェーヴル (SS系)

母父:フォーティナイナー(ミスプロ系)

 

期待の新種牡馬、オルフェーブル産駒です。

先日の秋華賞では

オルフェーブル産駒のラッキーライラックが

涙をのみました。

ここで雪辱を果たせるのか!?

 

血統観点では、オルフェーブルの父は

ステイゴールド。

このステイゴールドは、菊花賞では過去1頭が

3着以内に入っています。

 

スタミナ系血統なので、マッチすると思います。

血統観点では、

瞬発力がもう少し欲しいところですが

馬場が重くなったら、この馬は強いと思います。

 

 

ブラストワンピース

父:ハービンジャー (ダンチヒ系)

母父:キングカメハメハ(ミスプロ系)

 

 

比較的新しい種牡馬のハービンジャー産駒。

スピードとパワーのある血統です。

なかなか父系がノーザンダンサー系の馬は

菊花賞は厳しい結果がでています。

 

母父はキングカメハメハ。

パワーとスタミナがあり

こちらは相性が良いと思います。

 

問題は瞬発力ですね。

新潟記念から臨む1戦。

結果を出せるでしょうか?

 

 

エタリオウ

父:ステイゴールド (SS系)

母父:Cactus Ridge(ストームバード系)

 

父ステイゴールドはスタミナ型血統。

今回の舞台に必用なスタミナ力はばっちりです。

 

母父は、パワースピード型のストームバード。

父系で足りないスピード力を補えており

非常に良いと思います。

 

神戸新聞杯2着から臨む1戦。

鞍上のミルコ騎手も心強いですね。

 

 

ジェネラーレウーノ

父:スクリーンヒーロー (ロベルト系)

母父:ロックオブジブラルタル(ダンチヒ系)

 

 

父系はロベルト系ですね。

スタミナ抜群の血統です。

血統分析でも書いたように

ロベルト系が、案外相性が良いんですよね。

 

スクリーンヒーロー産駒は、過去

「ゴールドアクター」(2014年3着)が該当します。

 

母父は、パワーとスピードのあるダンチヒ系です。

血統分析としては

適性が高いと思っています。

 

セントライト記念1着から臨む1戦です。

 

 

メイショウテッコン

父:マンハッタンカフェ (SS系)

母父:Lemon Drop Kid(ミスプロ系)

 

マンハッタンカフェ産駒は

パワーやスタミナ、スピードもそこそこあり

とてもバランスの良い血統です。

 

しかしながら、G1という大舞台では

結果を残せていません。

そういうことから

血統観点では厳しい評価をせざるを得ないところです。

 

母父系のミスプロ系は

パワーとスタミナがあってGOODです!

 

 

グレイル

父:ハーツクライ (SS系)

母父:ロックオブジブラルタル(ダンチヒ系)

 

ハーツクライ産駒は

このコースに必要なスタミナ力があり

良いと思いまs。

2014年のトーホウジャッカル(1着)が該当しますね。

 

基本的にハーツクライ産駒は晩成型と言われています。

今回しっかり力を発揮できればよいですが。

 

母父はパワースピード型のダンチヒ系。

組み合わせとしてはバランスがとれていますね。

 

 

1週前時点での、菊花賞2018の血統素質馬は

↓↓こちら↓↓

人気ブログランキング

※プロフィール欄に記載しています^^

 

やはり、京都芝3000mだと

この血統バランスの馬がいい走りをしてくれるのでは?!

と思っています。

 

血統素質馬を

事前にチェックしておいてくださいね!★

 

さいごに

上にも書いていましたが、

人気ブログランキング に参加中です☆

↑ここ!

このランキングの「セイカプロフィール欄」にて、

血統観点での素質馬をチェックしてください~★

 

他レースの血統素質馬・穴馬も掲載予定です!

 

 

私・セイカがボーカルを務めとる

90'sテイスト・ポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)

楽曲も公開中です~!

 

LIVEにもお気軽に、お待ちしてます!

ご予約はツイッターやメールからご連絡くださいませ^^

 

◆◆ライブの詳細・ご予約はコチラ

★☆☆★Neontetra HP★☆★☆

http://neontetra.jpn.com/

 

 

【音楽ライブのお知らせ☆】

 

 

★【10月24日(水)in東京】

『3MinutesSong』第2弾CD発売!

○場所:六本木morph-tokyo

○時間:開場17:30/開演18:00 ※出番19:30以降

○チケット:前売3,000円

○出演:Neontetra/LendHelios/めちゃめちゃトランクス/and more…

※Neontetra・10月スタンプ対象ライブです

 

★NEW★【11月10日(土)神奈川】@川崎競輪場ライブ(フリー)

★【11月12日(月)東京】@渋谷eggman ※第3弾CD発売ライブ!

★【11月14日(日)東京】@銀座ミーヤカフェ

★【11月25日(日)東京】@赤坂グラフィティ

★【12月20日(木)東京】@渋谷GUILTY ※おそらく年内ラスト

 

 

今週は、「菊花賞2018」の血統分析動画もUPしました!

YouTubeもフォローしてね(∩´∀`)∩

 

【菊花賞2018】血統予想|スピード血統馬が好走中!該当馬は?

 

予想家シンガーセイカのTwitterやっとるよ!

フォロー、そしてチェックもよろしくお願いします!!!

 

*予想家シンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

スポンサーリンク

-その他
-, , , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.