Our Sponsors

血統競馬予想2018年

【宝塚記念2018】血統傾向|ディープインパクト産駒が必ず馬券に絡む理由を分析!

投稿日:

Pocket

6月24日(日)は、宝塚記念2018が開催されます。

過去5年間の血統傾向からは、毎年必ずディープインパクト産駒が3着以内に絡んでいます。

稍重馬場だった2017年と2016年も同様の結果となっており

ディープインパクト産駒と相性の良い母父血統を探っていきます。

サトノダイヤモンド、キセキ、ダンビュライト、ヴィブロス、サトノクラウンなどが出走予定です。

宝塚記念S2018血統競馬予想です。

90’s・3人組ポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)」のボーカルを務めています、セイカです。

 

競馬ファン歴・約20年のセイカが

血統の観点から週末の重賞レースについて綴っていきます。

 

昨日6月17日(日)は柏DOMeにて

「Eternal」全国ツアーin千葉編~第一弾~でした!

お越しいただきました皆様

ありがとうございました!

 

今回は、サポート演奏陣がお初のメンバーで。

新しいアレンジでとても楽しかったです^^

 

次回は6月24日(日)@柏ThumbUpです!

サッカーワールドカップの

日本代表戦がある日なので

早めにライブは終わりますので

ぜひ遊びに来てくださいね!

 

全国ツアー千葉編~第二弾~です!

 

やっぱりバンドライブは最高に楽しい!

みんなで音楽を共有できている時間が

最高に楽しいです。

 

7月29日(日)@渋谷ギルティでの

全国ツアーファイナルライブは

ぜひ集ってくださいね!!

 

集大成ですし、ここを成功さえねば今後の活動がないので!

どうかどうか、応援してくださっている皆様、

集っていただけると嬉しいです!

 

 

さて、本日のブログでは

宝塚記念2018について

過去5年間・3着以内馬の血統傾向を分析。

さらに、1週前時点での注目馬についても

血統診断を行います。

 

まずは、先週末のレースの振り返りも行います。

 

先週末のレース回顧

<函館スプリントステークス>

1着:▲セイウンコウセイ

2着:穴ヒルノデイバロー

3着: ナックビーナス

⇒ワイド(31.8倍)的中

 

穴・ヒルノデイバローはマンハッタンカフェ産駒。

過去血統傾向からは現れていませんでしたが

マンハッタンカフェ産駒であれば

パワー型のコースは合うだろうということで推奨。

その読みはあたりましたね。

しかしながら、本命のジューヌエコール、キングハートはさっぱり。

宝塚記念では本命から当てていきたいものです。

 

コース分析 傾向分析

宝塚記念2018が開催される

阪神・芝2200mのコース分析と傾向分析です。

 

<宝塚記念2018 阪神・芝2200m>

【1】4~5歳馬中心

過去5年間・3着以内馬のデータをみると

 

4~5歳馬の活躍が目立ちます。

■5歳馬・・・8頭

■4歳馬・・・5頭

4歳馬と5歳馬で、15頭中13頭も占めていますね。

この数字には着目したいです。

 

 

【2】牝馬を買い目に!

過去5年間3着以内馬を見ていくと

必ず1頭は牝馬が絡んできていることが分かりました。

その牝馬の馬齢は、4歳、または5歳。

前走は、ヴィクトリアマイルが圧倒的に多いですね。

 

 

【3】前走「天皇賞春」組が絡む

前走が「天皇賞・春」だった馬が

3着以内に1頭は絡んできていることは分かりました。

その際の人気と着順に統一性はないですが

天皇賞で人気だった馬は、好成績を残しているデータもあります。

 

 

【4】8枠が好調!

枠順別成績を見ていくと

「8枠の馬が毎年1着」になっています。

これは注目したいデータですね。

 

 

過去血統データ分析

宝塚記念SS2018について

過去5年間の血統傾向のデータ分析を行います。

 

<宝塚記念 過去5年間 血統データ分析>

 

【1】ディープインパクト産駒が必ず絡んでいる!

 

ここ5年間の成績をみていくと

必ず「ディープインパクト産駒」の馬が

3着以内に1頭は絡んできていることが分かります。

 

ディープ産駒の特徴である

スピード力がこのコースにマッチするのはもちろんのこと

スタミナも、この距離であれば十分に持ちます。

そのため、ディープ産駒にとっては

最高に合致する舞台と言えそうです。

 

では、そのディープ産駒の馬について

「母父の相性」をみていきます。

 

母父については以下のような組み合わせになっています。

 

■ミスプロ系・・・4頭

→キングカメハメハ(キングマンボ系)、他ミスプロ系

 

■ノーザンダンサー系・・3頭

→ダンチヒ系、ヌレイエフ系、ヴァイスリージェント系

 

いずれにしても、パワー型であることは間違いないですね。

阪神芝2200mは、急坂が2回も登場しますのでパワーが必須です。

 

また、内回りのコースなので

スピード持続力が必要になってきます。

 

ディープ産駒のスピード力と

母父血統のパワー・持続力とが

好相性な組み合わせの1つといえそうです。

 

 

【2】母父はパワー型血統をチェック!

母父系については、パワー型血統の馬が好走しています。

 

・ミスプロ系(特にキングマンボ系はGOOD)

・ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系、ダンチヒ系など)

・ナスルーラ系(ボールドルーラー系、プリンスリーギフト系など)

 

やはり、阪神芝2200mというコースの特徴だと思いますが

急坂2回に耐え、スピードを落とさずに勝負できるパワーは

本コースには必須条件のようです。

 

スタミナ型SS系も母父では絡んできていますが

過去5年間で該当する2頭は

いずれも「キングカメハメハ産駒」でした。

 

そのため、母父については

基本的には、SS系以外のパワー型血統を

メインで抑えておいたほうが良いように思います。

 

 

【3】ディープ産駒以外にも注目したいSS系血統

父系は、ディープ産駒が圧倒的に好成績を残していますが

他にも注目したいサンデーサイレンス系の馬をご紹介します。

 

やはり、本コースはスタミナ力も求められるため

スタミナ型SS系はチェックしておきたいですね。

 

・ステイゴールド

・ハーツクライ

 

上記2頭はスタミナもパワーも兼ね備えた血統ですので

本コースとの相性は良いと思います。

ディープ産駒以外でも上記SS系の産駒には注目したいですね。

 

 

宝塚記念2018 注目馬 血統診断

宝塚記念2018について

現時点での注目を集めている馬について

簡単に血統診断をしておきます。

 

 

サトノダイヤモンド

父:ディープインパクト(SS系)

母父:Orpen(ダンチヒ系)

 

父系は好相性ディープインパクト産駒

そして、母父系も、相性の良いノーザンダンサー系の

スピードパワー血統であるダンチヒ系

過去血統相性から見ると

抜群の相性である血統馬です。

 

実力は言わずもがなだと思いますので

あとは状態面が、黄金期のように戻ってくるかどうか。

追い切りに注目したいです。

 

鞍上も、前走の「大阪杯」7着・戸崎ジョッキーから

相性の良い「金鯱賞」3着・ルメール騎手に戻りますので

そのあたりもプラス評価できるのではと思います。

 

 

キセキ

父:ルーラーシップ(ミスプロ系)

母父:ディープインパクト(SS系)

 

3/24「日経賞」(9着)から中12週で臨む

今シーズン2戦目の宝塚記念。

鞍上のミルコジョッキーは心強いですね。

 

ルーラーシップ産駒は

今年のクラシック戦線で大活躍しましたね。

その傾向を見ていても

やはり、距離が長いほうが相性が良いようで

スタミナ豊富な血統であることが分かります。

ルーラーシップの父はキングカメハメハ。

パワーもありますよね。

なので、阪神競馬場という舞台は非常に合うのではと思います。

 

母父は珍しいパターンでこちらがディープインパクト。

スタミナとスピードをこちらで補う形ですね。

できれば、もう少しパワー型血統のほうが良い気もしますが

もう少し、状態面も見極めたいです。

 

 

ヴィブロス

父:ディープインパクト(SS系)

母父:Machiavellian(ミスプロ系)

 

相性の良いディープインパクト産駒です。

スピードは申し分ないでしょう!

まったく同じ血統の「ヴィルシーナ」

2014年の宝塚記念で3着に入っているので

もう、これは血統相性としては抜群に良いとしか言いようがないですね。

 

3/31ドバイターフから臨む1戦。

昨年のドバイターフからの次戦は

しばらく間隔を開けての秋シーズンからの参戦だったため

そこではしっかり走れていましたが

今回は中途半端な期間での海外帰りの出走ですので

そのあたり、状態の見極めが必要になってきそうです。

 

 

ダンビュライト

父:ルーラーシップ(ミスプロ系)

母父:サンデーサイレンス(SS系)

 

こちらも、今年大活躍中のミスプロ系・ルーラーシップ産駒

ルーラシップの母はあのエアグルーヴ。

祖の血統には、パワー型のナスルーラ系も入っており

やはり、パワーやスタミナは十分の血統ですね。

 

母父はサンデーサイレンス系。

スタミナ型ですね。

母母では、パワー型血統のナスルーラ系である「ネバーベンド系」の血も

入っていますので、こちらはプラスですね。

 

AJCCでは1着、その後の大阪杯では6着でした。

4/29「QE2世C(GⅠ)」以来のレースになります。

菊花賞(5着)以来の武豊騎手とのコンビにも期待がかかります。

追い切りもしっかりチェックしたいです。

 

 

パフォーマプロミス

父:ステイゴールド(SS系)

母父:タニノギムレット(ロベルト系)

 

今、非常に安定した活躍を見せている一頭。

「日経新春杯」1着、5/27「目黒記念」3着からの1戦です。

残念ながら、今回はその結果を残し続けていた鞍上のミルコ騎手ではなく

戸崎ジョッキーなんですよね。

1600万下ではコンビを組んでいますが、果たして。

 

血統観点では、私が相性が良いと思っている

スタミナ型SS系のステイゴールド産駒。期待できます。

母父がタニノギムレットでロベルト系。

ロベルト系は、ここ5年では1頭も3着以内に絡んでいないんですよね。

ただ、タニノギムレットの父はブライアンズタイム。

パワーも豊富な血統なので

まったくなし!というわけではないですね。

 

 

 

現時点で

血統観点で非常に注目している1頭がいます!

↓↓↓↓

人気ブログランキング

「セイカ」のプロフィール欄に記載しています!

 

血統素質馬を、

ここで事前にチェックしてくださいね!^^

 

 

ここ1か月の的中!

【函館SS】

→ワイド(31.8倍)的中

 

【マーメイドS】

→ワイド(24.1倍)的中

 

【オークス】

→馬連(11.9倍)・3連複(7.5倍)的中

 

【ヴィクトリアマイル】

→3連複(88.5倍)・ワイド(13.2倍)的中

 

【スプリングカップ】

→3連複(118.6倍)・ワイド(17.4倍)的中

 

【天皇賞春】

⇒馬連(10.3倍)的中

 

【アンタレスS】

⇒3連複(44.2倍)/馬連(13.6倍)的中

 

 

さいごに

上にも書いとりますが

人気ブログランキング に参加中です☆

 

↑こちらのプロフィール欄で

推し馬チェック、

応援を、どうぞよろしくお願いします~!

 

 

そして、私・セイカがボーカルを務める

90年代王道ポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)

音楽も聴いてみていただけると嬉しいです!!

 

気軽にライブも遊びに来てくださいね!

ご予約はツイッターやメールから★

 

※ライブの詳細・ご予約はコチラ

☆★Neontetra HP★☆

http://neontetra.jpn.com/

 

 

<全国ツアー2018開催中~~!>

 

・6/24(日) 千葉:柏ThumbUp

・7/17(火)名古屋:新栄スペードボックス

 

【大事!!集って~☆】

★7/29(日)夜 渋谷GUILTY

(レコ発ツアーファイナルLIVE!!!)

 

毎週、YouTubeにて血統予想動画を公開中!

今週は宝塚記念です!

ぜひ、ご登録よろしくお願いします!

 

■【宝塚記念2018】血統分析!ディープ産駒が絡む理由とは?!【競馬予想】

 

予想家シンガーセイカのTwitterやってます!

フォロー、そしてチェックもよろしくね~!

 

毎日、Showroomという配信アプリでLIVE配信中です!

今週金曜日6/22 18時30分~19時30分では、

モズカッチャンを的中させた宇津先生をお呼びして

宝塚記念についてゆるくトークします。

↓こちら~↓

https://www.showroom-live.com/seika04

 

良かったら見てね☆

 

*予想家シンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

スポンサーリンク

-血統競馬予想2018年
-, , , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.