【エプソムカップ2020】血統分析|ディープ産駒が絶好調!有力馬の血統をチェック!

Our Sponsors

血統競馬予想2020年

【エプソムカップ2020】血統分析|ディープ産駒が絶好調!有力馬の血統をチェック!

更新日:

Pocket

今週末2020年6月14日(日)は、エプソムカップ2020が開催されます。

過去5年間・3着以内馬の血統分析を行っていくと、ディープインパクト産駒が非常に好結果を残しています。

また、馬場状態による影響も大きく、重馬場の場合はミスタープロスペクター系の馬が、良馬場の場合はサンデーサイレンス系やノーザンダンサー系の馬が好走しています。

母父系は、パワー型血統のノーザンダンサー系馬が好相性です。

また、東京・芝1800mで結果を残している種牡馬データなどもチェックしながら、血統分析を中心に、レース傾向なども踏まえて、考察を進めていきます。

レイエンダ、アイスストーム、サトノアーサー、ソーグリッタリング、ダイワキャグニー、ピースワンパラディ、アンドラステなどが出走予定です。

エプソムカップ2020血統競馬予想です。

こんにちは。ポップスユニット、

Neontetra(ネオンテトラ)」ボーカル担当のセイカです。

 

競馬ファン歴としては、約20年の私、UMAJOシンガーセイカが

週末の重賞について、血統分析を行っていくブログです。

 

夢は、競馬番組出演、競馬メディアでの記事執筆、

競馬場でのライブ(歌唱)です。どうぞよろしくお願い致します!

 

先週の「安田記念」では、馬連と3連複が的中しました!

 

血統観点で最終予想を進めていったところ、結果的に、牝馬押しになりました。

さらに、「安田記念」上位の7頭が、まさに、「印を付けた全7頭」で決着しました!!

 

1着 ×グランアレグリア

2着 ◎アーモンドアイ

3着 ▲インディチャンプ

4着 ☆ノームコア

5着 穴ケイアイノーテック

6着 △アドマイヤマーズ

7着 ○ダノンキングリー

 

ここのところ、G1では、「NHKマイルカップ」から5週連続で的中です!

また、「天皇賞・春」からのG1ではすべて本命が馬券内に来ています。

なかなか血統予想、冴えているこの春競馬です。

この良い波を、まだまだ継続していきたい!^^

今回も、血統ブログにお付き合いください♪

 

 

さて、先日は、約4か月ぶりに、バンド編成でライブを行いました!

もちろん、「配信」という形でです。(無観客)。

お客様の前でのライブはまだまだ先になりそう。

 

でも、配信を見てくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

競馬で知っていただいた方も、音楽のほうもチェックして下さっている方もいて、嬉しい限りでございます!!

とても励みになります^^

 

 

本当は、この日は、名古屋でKONSOME+というバンドと、ツーマンライブを行う予定でした。

 

しかしながら、この状況を鑑み、ライブは10月3日に延期。配信ライブをさせていただきました。

 

やはり、生の楽器にあわせて歌を歌えることは、この上なく楽しく、とても幸せな時間でした。

早く皆さんの前で歌いたい!!

 

ライブができるようになったら、ぜひ、会いに来てください^^

音楽もネット上で公開しているので聞いてみてくださいね☆

 

 

そしてそして!このブログは

人気ブログランキング に参加しています!!!

↑ここをクリック頂くと、ブログのランキングがUPします!

ぜひ、クリックして応援して下さるととても嬉しいですー^^

 

さらには、YouTubeもやっております!

今週も血統分析・解説ムービーをUPする予定です。チャンネル登録してお待ちいただけますと嬉しいです!

(こちらは先週の安田記念です)

 

さて、今回の記事では、エプソムカップ2020について、過去5年間、3着以内馬について、血統分析を行っていきます。

 

1週前時点の有力馬についても、血統診断していきます。

 

エプソムカップ コース分析&傾向分析

エプソムカップ2020が開催される

東京芝1800mのコース分析、傾向分析を行っていきます。

 

【1】スピード持続力がカギ!

東京芝1800mのコースにおいては、途中で起伏があり、坂も待ち構えています。

スタミナだけでなく、最後の直線でスピードを持続する力も必要になってきます。

 

本コースで結果を残している馬は、プラス評価したいところです。

 

【2】大きく荒れない傾向

過去5年間3着以内馬について、人気別成績をチェックすると、大きく荒れない傾向にあるようです。

ここ5年間は、7番人気馬以内で決着しています。

2桁人気馬は、軽視してもよさそうですね。

 

【3】4歳馬がダントツの結果を残している!

馬齢別の成績を過去5年間・3着以内馬で見ていくと、最も結果を残しているのは「4歳馬」がでした。

15頭中の、8頭を占めています!

次いで5歳馬、そして、あまり結果を残していないのは6歳馬となります。

予想に迷ったら、4歳馬を重視してもいいかもしれません。

 

 

エプソムカップ 過去血統分析

エプソムカップ2020について、過去5年間の血統分析を行っていきます。

 

<エプソムカップ 過去5年間の血統表>

 

青色・・サンデーサイレンス系

緑色・・ミスタープロスペクター系

オレンジ色・・ノーザンダンサー系

紫色・・ナスルーラ系

灰色・・その他

 

【1】圧倒的ディープインパクト産駒の庭!

東京というコースの特徴もあり、サンデーサイレンス系のディープインパクト産駒は好相性です。

父系がディープインパクト産駒の場合、母系はパワー型のノーザンダンサー系という組み合わせは最も良いですね。

ディープインパクト産駒は「買い」だと思います。

 

【2】馬場が重くなるとミスプロ系が台頭!

 

馬場が重くなっていくと、父系はミスタープロスペクター系の血統馬が台頭してきています。

特に、キングカメハメハ系の馬はチェックしておきたいところですね。

非常にパワーが豊富で、重くなった馬場にしっかり対応できます。

本レースは特に、馬場状態で血統傾向がガラッと変わるので、直前まで馬場状態を見て、予想をすすめていったほうがよさそうです。

 

【3】母父系はパワー型ノーザンダンサー系の馬がGOOD

母父系の血統をチェックすると、ノーザンダンサー系のパワー型血統馬が好相性です。

 

・ニジンスキー系

・ストームバード系

・ダンチヒ系

・ヌレイエフ系

・ヴァイスリージェント系

・サドラーズウェルズ系

上記のような母父系血統のノーザンダンサー系の馬は、注目したいです。

 

【4】東京・芝1800mの好相性種牡馬データ

エプソムカップに限らず、

『東京・芝1800m』における好相性種牡馬データをチェックしておきます。

(※2018年1月以降のデータ)

 

<勝率>

1位:ディープインパクト産駒(約16.3%)

2位:ヴィクトワールピサ産駒(約14.9%)

3位:ローエングリン産駒(約14.8%)

4位:キングカメハメハ産駒(約13.5%)

5位:マンハッタンカフェ産駒(約12.9%)

 

<複勝率>

1位:キズナ産駒(約52.6.9%)

2位:ディープインパクト産駒(約39.9%)

3位:キングカメハメハ産駒(約36.5%)

4位:ハーツクライ産駒(約32.4%)

5位:ヴィクトワールピサ産駒(約31.9%)

 

まず、「ディープインパクト産駒」は勝率でも複勝率でも上位のため、「買い」だと言えそうです。

また、「キングカメハメハ産駒」も安定した結果を残しているため、好相性な種牡馬といえそうです。

 

 

エプソムカップ2020 有力馬の血統診断

エプソムカップについて、1週前時点での有力馬の血統診断を行います。

 

レイエンダ

父:キングカメハメハ(ミスプロ系)

母父:シンボリクリスエス(ロベルト系)

 

 

先日のダービー卿CTでは3着。そして、昨年のエプソムカップの覇者です。

その時騎乗していたルメール騎手が乗りますし、期待できると思います。

血統相性は、本コースで相性が良いキングカメハメハ産駒、

そして、母父はパワースタミナ型のロベルト系です。

血統相性はGOODですね。

昨年も勝っていますし、このコースは得意といえると思います。

 

 

アイスストーム

父:ストーミングホーム(ミスプロ系)

母父:Red Ransom(ロベルト系)

 

 

父のミスプロ系・ストーミングホームは、本レースでは結果を残していません。

しかしながら、その父「Machiavellian」は非常にパワーのある血統ですので、馬場が重くなれば非常に楽しみなパワー型血統です。

また、母父もスタミナ型パワー血統のロベルト系なのでよいと思います。

そして、前走の「メイステークス」は、同じコースです。そこで1着。

コース相性は抜群によさそうですね。

 

 

サトノアーサー

父:ディープインパクト(SS系)

母父:Redoute’s Choice(ダンチヒ系)

 

父系は、本レースに非常に相性が良いディープインパクト産駒。

そして母父系は、パワーのあるノーザンダンサー系のうちの1つであるダンチヒ系。

血統相性は抜群に良いと言えそうです。

また、2018年の本レースで1着になっています。その際は重馬場でした。

重馬場でなくても、良馬場でも、血統観点では対応できそうな1頭だと思っています。

 

 

ソーグリッタリング

父:ステイゴールド(SS系)

母父:シンボリクリスエス(ロベルト系)

 

父系は、スタミナ型サンデーサイレンス系のステイゴールド。

そして、母父系はパワースタミナ型のロベルト系。

昨年3着になっていますし、このコースは得意だとは思います。

ただ、ステイゴールド産駒は、このコースではあまり上位の結果を残している種牡馬ではないので、そこだけは気がかりなところです。

 

 

ダイワキャグニー

父:キングカメハメハ(ミスプロ系)

母父:サンデーサイレンス(SS系)

 

パワーもスタミナもあるキングカメハメハ産駒

そして母父はスタミナ豊富なサンデーサイレンス系

キングカメハメハ産駒はこのコースで結果をしっかり出しており

血統相性は非常に良いと思います。

昨年、同じコースの「メイステークス」で1着になっていることから

本コースは非常に得意な1頭だと言えそうです。

 

 

なお、現在の時点で、血統観点で非常に注目したい1頭がいます!!

こちら

↓↓↓↓

人気ブログランキング

こちらの先の、「UMAJOシンガーセイカ」のプロフィール欄に、その1頭を記載しております!

 

やはり、過去の血統分析からは、この1頭が抜群に相性が良いと考えています。

血統素質馬を、ここで事前にチェックしてください!

 

おわりに。

この血統分析競馬ブログは、

人気ブログランキング に参加しております^^

↑ここに、血統推奨馬や、他レースの推奨馬も書いています!

ここをクリックしていただけると、ブログ記事の順位がUPするのでとても嬉しいです。

クリック応援、よろしくお願いします♪

 

私がボーカルを務めている、地方創生音楽ポップスユニットNeontetra(ネオンテトラ)の楽曲も、様々な音楽サイト・サブスクサイトで配信しております!

お聞きいただけると喜びます^^

https://linkco.re/mGFDCCFc

 

NeontetraのHP☆

http://neontetra.jpn.com/

 

血統についてしゃべる動画も毎週UPしとります。

皆様の予想に役立ちますように♪

YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします~!

 

Instagramもやっとるよ~!!

https://www.instagram.com/neontetra_official/

 

UMAJOシンガーセイカのTwitterもフォローしてね~!

 

*UMAJOシンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

スポンサーリンク

-血統競馬予想2020年
-, , ,

Copyright© UMAJOシンガーセイカの血統競馬Cafe , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.