Our Sponsors

血統競馬予想2018年

【京成杯2018】血統予想|データ分析|パワー血統が絶好調!

更新日:

Pocket

血統分析の予想家シンガーセイカです。

1/14(日)は京成杯2018(G3)!

過去血統データでは、

パワー系血統が好相性!ディープ産駒は苦戦中。

ジェネラーレウーノ、デルタバローズ、

絶好調・戸崎騎手とコンビを組むコズミックフォースなどが

ダブルシャープなどが出走予定です。

中山・2000mのコース分析もあわせて、

京成杯2018血統競馬予想です!

ちょっと長めのお休みをとられた方は

本日から仕事始めという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そろそろ2018年の目標を設定しようと

おもっとります!

皆さんの今年の目標はなんでしょうか?!^^

もちろん、競馬で勝つことは入っとるとは

思いますがw

 

私の場合は、毎年

大きなスローガンを決めて

そのうえで、各カテゴリーで

目標を決めるというやり方をしとります。

 

例えば、ある年のスローガンは

「ポジティブ」(2013年)

というワードに設定。

 

 

その後、

・美容

・スキル

・音楽

・その他

などカテゴリーを分けて

目標を決めていっとります。

 

音楽ではどうなりたいか?

を考え、まずはそのスローガンを

更に決める。

そして、それが決まったら

それを達成するための

具体的なアクションを書いていく。

 

そういったやり方は

私にとってはしっくりきています。

 

目標だけたてると

ずるずるきちゃって、2~3月頃には

だれてきちゃったりして

やる気がなくなるけん、

まず、今日という日に

どういうアクションをしていくのが良いのかを

具体的にかいていくことが

ミソだと思っとります。

 

近々、このブログにも書きたいとおもうけん

みなさんも、ぜひ、考えてみてくださいね★

 

今の時点で必ず入れ込みたいのは

「運動」に関する目標!

Styleアップを目指して

今年はちゃんと、運動したいと思っとります。

週に2回!

うーん、無理かw

最初は週に1回を目指したいと思います!!(^O^)

 

 

では本題です!

2018年の競馬の幕開けから1週間。

3歳限定のレース・京成杯2018

1月14日(日)に中山競馬場にて

開催されます。

 

皐月賞と同じ舞台の1戦。

2010年に1着になったエイシンフラッシュは、

皐月賞3着、日本ダービーで1着になるなど

その年のクラシックで大躍進しました。

 

今回のブログでは

舞台となる、中山・2000mのコース分析

過去5年間の血統データ

分析していきましょう!^^

 

 

京成杯2018 コース分析&傾向分析

京成杯2018の舞台となる

中山・芝2000mについて

コース分析をしていくともに、

京成杯のこれまでの傾向分析も行います。

 

【1】パワーとスピード持続力がカギ!

1コーナーまで約400mの直線が続くコース。

スタート直後に、中山特有の急こう配を

上らねばなりません。

そして、もちろんゴール手前でも

この急勾配はやってきます。

 

つまり、2度の急こう配に耐えうる

パワーは必須と考えます。

 

また、4コーナーから

坂のある最後の直線で

スピードを持続させ続けることができるか、

という点も非常に重要な要素ですね。

 

今回は「パワー」「スピード持続力」

キーワードになってきます。

 

 

 

【2】デビュー時期が遅い「晩成型」の馬は厳しい

データ上、11月以降にデビューした馬は

ここ5年で1度も1着に入っていません。

3歳になりたてのG3、そしてこの距離なので

2歳馬である程度経験を積んだ馬のほうが

有利に働くのは当然でしょう。

「デビュー時期」についても

今回はしっかりとチェックしたいところです。

 

 

京成杯2018 過去血統データ分析

京成杯について

2013年~2017年の過去データ

血統観点で分析し、ポイントをまとめました。

 

<京成杯 過去血統データ分析>

 

【1】父系はパワー血統で!

父系の血統をみていると

パワー系の血統が絶好調ですね。

 

ナスルーラ系のブラッシンググルーム系や

グレイソヴリン系が父系で

ここまで毎年のように

結果を残してるレースは珍しいです。

 

また、2015年と2016年で

ハービンジャー産駒の2頭が

1着に入るなど、

これも、ダンチヒ系のパワー血統が

きいているとみています。

 

また、パワーのある

ミスタープロスペクター系の中でも

キングカメハメハを祖に持つ

キングマンボ系は非常に相性が良いことが分かります。

 

以下の父系血統には

今回、非常に注目したいところです。

 

・ナスルーラ

-グレイソヴリン系

-ブラッシンググルーム系

 

・ミスタープロスペクター系

-キングマンボ系

 

・ノーザンダンサー系

-ダンチヒ系

-ヴァイスリージェント系

-サドラーズウェルズ系

 

 

【2】サンデーサイレンスは”中山得意”血統が順当

本レースでは、サンデーサイレンス系の

父系血統がおされ気味になっている

珍しいケースです。

 

理由としては、

3歳になりたてでまだ馬体ができていない

状態の今、

この中山2000mを勝ち切るだけの

パワーが圧倒的に不足しているからだと

思います。

 

そこで、先天的な血統という要素で

このパワーがある馬が有利だと考えます。

 

そこで、サンデーサイレンス系は

パワーというよりは

器用さや瞬発系の馬が多いため

なかなか苦戦していますね。

 

しかしながら、この

「中山が得意」というSS系の種牡馬

たくさんいます。

 

中山は、パワーだけじゃなく

当然ながら、スタミナも必要です。

 

この中山が得意な

スタミナ型のSS系の種牡馬にも

注目したいところです。

 

<スタミナ型SS系>

・ハーツクライ産駒

・ステイゴールド産駒

・ダンスインザダーク産駒

・サンデーサイレンス産駒

 

また、これに加えて

サンデーサイレンス系とは近い血統にあたる

長距離が得意な「ロベルト系」も

着目しておきたいです。

 

 

【3】ディープインパクト産駒は軽視したい

ここ5年間で、ディープインパクト産駒は

2014年に3着に入った1頭のみ。

非常に相性は悪いですね。

 

パワーに欠ける面はあるものの

母系で補えれば

十分対応できるとは思いますが

ここまできっぱりした結果がでると

やはり本レースとは相性は悪いのでしょう。

 

ディープ産駒は

若くして結果を出せる血統なので

2歳~3歳馬では積極的に

買っていきたい種牡馬のうちの1頭なのですがね。

それだけ、今回は

パワーが必要とされている

ということだと思います。

 

ディープ産駒の馬については

母系でしっかりとパワーが補えているかどうか

を見極め、買い目に入れる必要があるようです。

 

今回においては

よっぽどの良血ではない限り

ディープ産駒は、

軽視してもよいかもしれません。

 

 

京成杯2018 注目馬 血統チェック

現時点で、京成杯2018について

注目馬の血統を見ておきましょう!

 

ジェネラーレウーノ

父:スクリーンヒーロー(ロベルト系)

母父: ロックオブジブラルタル(ダンチヒ系)

 

ここまで3戦2勝、

唯一負けの新馬戦でも3着と

安定した強さがある1頭。

逃げ切って勝っている競馬ですが

果たして、どこまでこのスタイルでやってくのか?

 

血統的には、

ロベルトの長距離×母系のパワー血統・ダンチヒ系なので

本レースには理想的な血統といえると思います。

 

あとは、本当にこの逃げ切りスタイルで

本レースも挑むのか?

そこがポイントになってきそうです。

 

 

コズミックフォース 

父:キングカメハメハ(ミスプロ系)

母父:ネオユニヴァース(SS系)

 

父:キングカメハメハの

キングマンボ系(ミスプロ系)で

母父は長距離適性のあるネオユニヴァース産駒。

本レースとの相性は良いでしょう!

 

そしてすごいのが、”コンビの勢い”

先日のシンザン記念(G3)で

強さを見せつけて勝ったアーモンドアイと

同じ国枝厩舎&戸崎ジョッキー

戸崎ジョッキーは今年、重賞絶好調の様子なので

このコンビは侮れないと思います。

 

 

ダブルシャープ

父:ベーカバド(ダンチヒ系)

母父:アグネスタキオン(SS系)

 

門別でデビューし、中央のクローバー賞で

1着になった地方出身馬。

 

札幌2歳Sでは、よい脚をみせてくれましたが

サウジアラビアRC、朝日杯FSでは

いまひとつでしたね。

 

ダノンプレミアムやロックディスタウンなど

同世代のトップホースたちと走っていたこともあり

今回の相手の中では、実力上位は確かでしょう。

 

 

デルタバローズ

父:Into Mischief(ストームバード系)

母父: ハードスパン(ダンチヒ系)

 

完全なる「超パワー血統」ですね。

さすが、米国産馬という血統です。

おそらく、今回のコースと

この馬齢を考えると

非常に相性が良いと思います。

 

まだ新馬戦しか闘ってませんが

血統的には、その素質には注目しています。

 

 

 

コスモイグナーツ

父:エイシンフラッシュ(ミスプロ系)

母父:スペシャルウィーク(SS系)

 

父:エイシンフラッシュは

本レースを制しているだけに

注目はあつまる1頭です。

 

前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、

すごい逃げをしたのですが

後半は続かず6着。

 

この戦い方をするのであれば

スタミナに不安はありますね。

 

 

現時点で、

京成杯2018に最適な血統の馬がいます!!

↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング

 

ここ最近は、10番人気の馬や

7番人気の馬を、血統観点で推して、

見事馬券に絡んでくれるケースが

増えています!

人気に捉われない

血統素質馬を、

ここでチェックしてください!^^

 

 先週のレースの振り返り

【京都金杯】

1着:▲ブラックムーン

2着:◎クルーガー

馬連的中(20倍)

 

【中山金杯】

2着:◎ウインブライト

3着:▲ストレンジクォーク

ワイド的中(17倍)

 

【フェアリーステークス】

1着:☆プリモシーン

3着:×レッドベルローズ

ワイド的中(11倍)

 

【シンザン記念2018】

2着:△ツヅミモン

 

推しの7番人気・ツヅミモンが2着!

 

さいごに

上にも書きましたが、

人気ブログランキング に参加中☆


人気ブログランキング

日経新春杯2018 の一押し血統馬についても

記載しています!見てみてね★

 

<今週のブログ予告>

★愛知杯2018 血統データ分析!

★京成杯2018 枠順&追い切り後の血統適正診断ランキング発表!

★日経新春杯2018 枠順&追い切り後の血統適正診断ランキング発表!

→過去の血統データ分析&コース分析の記事はコチラ

 

を書きます!^^お楽しみに☆彡

 

 

そして、私がボーカルを務める

90'sポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)

音楽も聞いてみてほしいとです(^o^)

 

2018年の初ライブ

1月23日(火)20時以降~@渋谷ギルティ

Neontetraは

2月24日に、6thシングル発売、

4月7日に、3rdミニアルバムを全国発売します★

チェックしてみてね!^^

 

予想家シンガーセイカのTwitter

フォロー&チェックしてね♪

 

*予想家シンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

-血統競馬予想2018年
-, , , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.