Our Sponsors

血統競馬予想2017年

【ホープフルステークス2017】血統予想|出走馬のデータ分析と有馬記念の回顧

投稿日:

Pocket

こんにちは、血統分析の予想家シンガーセイカです。

今週は2歳馬の新設G1・ホープフルステークス2017

大井競馬場での東京大賞典2017があります。

ホープフルステークスは、前身レースも含めると

後のG1を勝っていく出世馬を輩出するレース。

ルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤーなど

どの馬が今後の日本競馬会をけん引していくのか?

有馬記念2017の回顧も含め、

ホープフルステークス2017血統競馬予想です!

今週の血統ブログは、

ホープフルステークス2017

東京大賞典2017について

書いていこうと思います!

その前に、有馬記念2017の振り返りからです。

 

有馬記念2017 振り返り

 

<2017年:有馬記念 結果照合>

◎:キタサンブラック→1着

△:クイーンズリング→2着

○:スワーヴリチャード→4着

穴:サトノクロニクル→9着

×:ヤマカツエース→10着

▲:ミッキークイーン→11着

☆:サトノクラウン→13着

 

 

このような結果となりました。

 

キタサンブラック、強かったですね・・!

圧巻でした。

やはり別格です。スター馬です。

「勝ってほしい」と願っていた方も

多かったのではないでしょうか。

 

馬の強さはもちろんですが、

ここまでのプレッシャーに打ち勝った

武豊ジョッキー。

本当にすごいと思います。

私が競馬を見始めた初期頃から

ジョッキーをやっていた豊さん。

外国人ジョッキーが台頭してくる中で

本当に、日本人ジョッキーをけん引してくれている存在。

キタサンブラックも、豊さんも、北島さんも、

本当におめでとうございます。

あっぱれでした。

 

個人的な予想としては・・・

スワーヴリチャード、あと一つでした。

素直に、申し訳ありません。

来年以降の成長が

より楽しみだと感じましたので

来年以降は、調子も見極めつつ

スワーヴリチャードは追っていきたいです。

 

そして、クイーンズリング

最終追い切りをみて

そして枠順を見て、推した一頭。

もちろん、買い目にも入れていました。

だからこそ。

 

あーーー悔しい。

 

という感じ。

シュヴァルグラン

ジャパンカップがメイチ仕上げだと思ってました。

追い切りもよいようには映らず。

しかしながら、

この馬の「実力」を思い知らされました。

むしろ、クイーンズリングとの2着争いは

首の上げ下げでしたね。

 

とにかく、ここまでよい線で予想ができていて

軸としては的中やけども、

3着を射止められなかったこと、

結果として、

私個人的には馬券をとれなかったこと、

とても残念に思っています。

 

そして、Neontetraの配当還元企画

賛同してくださった皆様も

本当にごめんなさい。

必ず、リベンジ企画やります!!

 

とにかくさ、

 

 

こんな状況じゃさ、

 

 

2017年、

 

 

気持ちよく終われんよね?!

 

 

というわけで、

有馬記念で馬券を獲れんかったけん

 

■12月28日(木)ホープフルステークス(G1)

■12月29日(金)東京大賞典(G1)

 

徹底的に予想して、

必ず、馬券を獲りにいきます!!!

 

もう、クリスマスとかどうでもいいです。

馬券とれんかったので。

家で競馬ブログ書きます、

今夜は今週のレース分析します!!

 

今、悔しすぎて

お菓子を爆食いしとりますが、

もう、落ち込んどる暇はないけん、

気持ち切り替えて

次の予想行きます!!!!

 

ホープフルステークス2017 中山2000mコース分析

中山競馬場・芝2000mで行われる

ホープフルステークス2017

今年から、2歳馬限定のG1に昇格したレースです。

 

その歴史は、2014年から

これまで阪神競馬場・芝2000mで行われとった

「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)」を、

皐月賞と同じコースと距離の中山競馬場・芝2000mに移し、

レース名を「ホープフルステークス」に改名。

昨年までは、G2として位置づけられていました。

そして、2017年からGⅠに昇格、

そういったレースです。

(ダビマス96世代としては

本当に、まだなじみが浅いG1ですねw)

 

注目すべきは

ホープフルステークスの優勝馬から

翌年のクラシックや

今後の古馬G1をけん引する

スターホースが誕生する、ということ。

 

すでに、

朝日杯FSや阪神JFで

2歳有力馬が出走をしていますが

この2000mという距離、そして

中山という力のいるコースで

勝ち切る2歳馬は

本当に馬の実力が試される1戦といえそうです。

 

それでは、コース分析いってみましょう。

 

<中山競馬場・2000mコース>

 

急坂を、スタート直後と

ゴール直前の2回も登らなければいけない

タフなコースになっています。

さらに、まくり差しも決まりやすいという特徴もあり

パワーのほかスピードも求められるコース。

ということで、セイカ的ポイントは以下です。

 

<ホープフルステークス2017 コース特徴まとめ>

■パワー血統を、まずは重視する!

■2000mに耐えられるスタミナは

 過去のレース経験からジャッジ

■血統要素の「スピード」も要チェック

■中山が得意な種牡馬はプラス評価

 

ホープフルステークス2017 注目馬

 

早速、ホープフルステークス2017

注目馬を血統観点で見ていきましょう!

 

ジャンダルム

父:Kitten's Joy(サドラーズウェルズ系)

母父:サンデーサイレンス(SS系)

新馬戦に続き、前走の「デイリー杯2歳S(G2)」を勝ち

2戦2勝で臨む1戦。

注目すべきは、この馬のお母さんが

あの「ビリーヴ」!

2002年スプリンターズS、

2003年高松宮記念を制覇した

スプリント界・最強牝馬!

というわけで、

前走から距離が400mものびる舞台で

スプリンター血統が対応できるかどうか?!

 

ルーカス

父:スクリーンヒーロー(ロベルト)

母の父:カーネギー(サドラーズウェルズ系)

この馬、あの中距離王である

「モーリス」の弟!

モーリスと、まったく同じ血統配合なんです!!

モーリス自体は

マイルが得意な印象ですが

天皇賞秋も勝ってますし

2000mまではいけますかね。

とにかく、血統的に

素質があることは証明済みです。

 

タイムフライヤー

父:ハーツクライ(SS系)

母の父:ブライアンズタイム(ロベルト系)

きました!ハーツクライ産駒!!

有馬記念では惜しくも

ハーツクライ産駒・中山G1初制覇はなりませんでしたが

ここで、このジンクスを破れるか?!

ハーツクライ自身は

この中山で有馬記念を勝っとるので

適正はあるはず。

もっとも、この中山・2000m以上が得意な

種牡馬やと思うので

プラス評価したい1頭です。

 

サンリヴァル

父:ルーラーシップ(ミスプロ系)

母の父:アグネスタキオン(SS系)

期待のルーラーシップ産駒。

代表馬は、あの菊花賞馬「キセキ」、

距離は問題ないでしょう!

あとは種牡馬として

2歳馬での完成度がどうか。

しっかり見極めます。

2戦2勝で、こちらも勢いに乗る1頭。

 

さて、現時点で

「この血統は・・すごい!」

という馬がいます!

そして、東京大賞典で

超注目している馬の情報も

ここ↓に載せてます!

チェックしてみてください(*´▽`*)

 

人気ブログランキング

 

 

さいごに

 

上にも書いたように、

人気ブログランキング に参加中☆


人気ブログランキング

 

 

~~*~~*~~*~~

 

<今週のブログ予告>

★ホープフルステークス2017!過去データ分析!

 血統適正のある2歳馬は?!

 

★東京大賞典2017!過去データ分析!

トライアルレースを見てきたセイカの見解!

 

などを書きます!^^お楽しみに☆彡

予想家シンガーセイカのTwitterも

フォロー&チェックしてね♪

 

とにかく、今日はもう有馬記念の反省会。

今週、必ず、Happyで終われるように

がんばって分析していきますね★

 

みなさま、よいクリスマスを

お過ごしください(*´▽`*)

 

*予想家シンガーセイカ*

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

-血統競馬予想2017年
-, , , , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.