Our Sponsors

血統競馬予想2017年

【香港ヴァーズ2017】血統予想|出走馬分析!キセキは勝てるのか?!

投稿日:

Pocket

こんにちは、予想家シンガーセイカです。

今週末の香港国際競走の1つ、香港ヴァーズ2017血統予想

日本からはルーラーシップ産駒のキセキ、トーセンバジル、

海外馬のハイランドリール、タリスマニック、

牝馬のスマートコールあたりが予定されています。

血統予想をすすめると、勝てる血統がはっきりとでました!

香港ヴァーズ2017血統競馬予想です!


分析初回となる今回は、現時点での

人気がでそうな馬をみていくけんね(^^)

 

キセキ、トーセンバジルは日本馬やけん情報があるけど

ハイランドリールなどは

海外馬やけんねぇ。

しっかり解説しますよん(=´▽`=)ノ

 

まずは予想家シンガーセイカの日常から!

先日のブログで、

阪神競馬場 特別来賓席

で競馬を見てきました!という話をしました。

そもそも、阪神競馬場自体が初参戦だった私セイカは、

途中でふらっと抜け出し、

阪神競馬場の探検にでたっちゃんね。

 

 

 

まずは、パドックを見に来ました!

私ね、地方競馬は大井競馬場によく行くっちゃけど、

大井競馬場では、必ず、

パドックをみて決める!

ということをやっとります。

血統も見るけどね、もちろん。

やけんね、レースの情報が少ないときこそ

パドックを見たい!

近くで、出走馬を見たい!!

ということで、何度もパドックを見に行きましたw

 

 

パドック→予想→コース前へ移動してレース観戦→パドック・・・

この流れを何度か一人で繰り返し

空いた時間は、阪神競馬場の隅から隅まであるき回りました。

ちょうど、マルシェやハンドメイドコーナーなどの

イベントも開催されとって

親子連れもたくさんいらっしゃいました!

 

幼いころの私も、家族でよく

府中競馬場にいった記憶があるんやけど

こんな感じやったのかな~って。

 

チャンピオンズカップではゴールドドリーム

見事きてくれたけん

今週末も気分良く予想いってみようヽ(=´▽`=)ノ

 

さて、ここからが本題です!

今週末は、阪神ジュベナイルフィリーズもそうやけど

香港国際競走の4レースも開催されるんよ!

なかなか海外馬については情報が入手しづらいところ。

 

2017年12月10日(日)シャティン競馬場

香港ヴァーズ2017」について

レースの位置づけの解説と、

過去の血統傾向データから、

血統競馬予想いくばい(・ω・)

 

香港ヴァーズの特徴

香港ヴァーズは、

香港における「2400mの最高峰」と言われとるG1レース。

「香港カップ」「香港マイル」「香港スプリント」という

香港国際競走4レースのうちの1つなんやけども

最も賞金が少ないレース(笑)

 

理由はいくつかあるみたいなんやけど

地元・香港競馬では、

ダービーも2000mに設定されとるなど、

短距離馬が中心。

やけん、2400mというのは、

地元香港馬が勝ちにくいとされとるんよね。

実際に香港馬が勝ったのは以下2頭だけ。

・インディジェナス(1998年)

・ドミナント(2013年)

 

つまりね。

 

「香港馬は軽視してよい!」

 

ということですw

 

そして、日本からの招待馬の成績も

見ておきましょう!

これまで18頭が出走しとるっちゃけど、

優勝したのは、過去、以下の2頭だけ。

・ステイゴールド(2011年)

・サトノクラウン(2016年)

 

この2頭には、とても重要な共通点がありました。

2頭とも、

 

「香港ヴァーズがG1初制覇」

 

であったということ!

 

つまり・・この傾向からいくと

キセキは、すでに菊花賞(G1)を制覇しとるし

ちょっと怪しい予感もしますね笑

 

では、ここからは、血統をみましょう!

 

香港ヴァーズ2017 血統予想

香港ヴァーズ2017ですが

日本の菊花賞馬キセキが出走することで

人気がでそうやんね。

しかしながら、注目すべきは海外馬!

そして、血統分析を進めていく中で

はっきりとした傾向が浮かび上がってきたんよ!

 

【ノーザンダンサー系が圧倒的な強さ!】

 

2013年~2016年の3着以内馬を分析をすると

おどろくべき、はっきりとした結果が!

それは、

「ノーザンダンサー系が圧倒的な強さ」

を誇っているということ。

 

詳しく見るとね

2013年~2016年の4年間で

3着以内に入った12頭中

ノーザンダンサー系の血を持つ馬は

 

12頭全頭!

 

ということです。

すごい、すごすぎる結果・・!

 

海外競馬やけんさ、そもそもが

ノーザンダンサー系の馬が出走しとる割合が高いのは

承知の上やけども

逆に言うとさ

「ノーザンダンサー系でないと勝てない」

ということが言えるっちゃんね。

 

昨年2016年の覇者・サトノクラウン

父系:ノーザンダンサー系

母父系:ミスタープロスペクター系

ということで、ちゃんとノーザンダンサー系ははいっとるよね。

 

ここまで、ここまではっきりとした

傾向がでとるとは・・・!

 

その中でも、ストームバード、サドラーズウェルズ、

ダンチヒ、ヴァイスリージェントなどなど

ノーザンダンサー系でも少しずつ

血統の力が変わってきます。

 

というわけで今回は

そこだけに観点を絞って、

出走予定馬のノーザーンダンサー系分析

やっていこうかと思っとります^^

 

 

キセキ  牡3歳

 

父:ルーラーシップ(ミスタープロスペクター系)

母父:ディープインパクト(サンデーサイレンス系)

 

期待の菊花賞馬なんやけども

ノーザンダンサー系の要素なし

というわけで、今の段階では

積極的には買いたくないかな。

2400mに耐えうるパワー&スタミナが心配。

もちろん、菊花賞3000mを勝ってる馬やけども

あくまで同世代の中では、という印象が強く

血統的には不安が残ります。

 

ハイランドリール 牡5歳

 

父:Galileo(ノーザンダンサー・サドラーズウェルズ系)

母父:Danehill (ノーザンダンサー・ダンチヒ系)

 

父、母父ともに、香港ヴァーズを好走しとる血統

最適の血統といえるでしょう!

 

これまで、セクレタリアトステークス、

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、

ブリーダーズカップ・ターフを勝ち、

2017年に入ってからは、

英国の「コロネーションC」(G1・ 芝2410m)、

「プリンスオブウェール」(G1・芝2000m)を制覇!

そして、2015年の同レース・香港ヴァースの覇者です!

 

また、今年の本レースを引退レースと位置づけているようで

最終ランで有終の美を飾れるかどうかが

ポイントになってきそう。

 

他にも、トーセンバジル、

海外馬のタリスマニック、スマートコールあたりが

人気が出そうですが

現時点でセイカが血統予想で買いたいのは

人気ブログランキングに書いています!

なかなか海外馬の情報がないけん、チェックしてね!

 

 

さいごに

上にも書いたように、

人気ブログランキング に参加中!

今朝12/4には、目標としてきた50位に

ランクインしました(*´▽`*)

次の目標は、30位!!!


人気ブログランキング

↑ここらか、見てみてね!

 

そして、私セイカは、

予想家ナツさんの競馬番組

「ケースタチャンネル」や、「馬ッ娘トーク」に出演してます!

(@渋谷CrossFM)

今週金曜夜も生放送で

どちらかの番組に出演するけん、お楽しみに!

先週&今週の的中はコチラ!

【的中】チャレンジカップ「サトノクロニクル」

【的中】京都2歳ステークス「グレイル」

【的中】カトレア賞「ルッジェーロ」

もちろん、血統理論からね(*^▽^*)

 

音楽活動も、

ばりばりがんばっとります★

私がボーカルを務める90'sポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)」♪

来週は2017年の都内ラストハコライブ!

 

12月6日(水)20時20分~

@赤坂グラフィティというliveハウスで

歌います(*´▽`*)遊びに来てね♪

 

Neontetraの音楽も聴いてみてね(*^▽^*)

 

そして、

ライブに足を運んでもらえると嬉しいな♪

 

<今週のブログ予告>

 

阪神ジュベナイルフィリーズで勝てる血統は?

過去データから徹底分析!

 

香港カップ、香港マイル、香港スプリントの血統分析!

日本馬は勝てるのか?!注目の海外馬は?!

 

などを書いていく予定です(^O^)

 

ぜひぜひ、今週もお付き合いください(´▽`)♪

 

*予想家シンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

-血統競馬予想2017年
-, , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.