Our Sponsors

血統競馬予想2018年

【京都新聞杯2018】血統データ分析|ディープインパクト産駒への頼り過ぎは危険!?

更新日:

Pocket

5月5日(土)は、京都新聞杯2018が開催されます。

過去5年間の3着馬について、血統データを分析していくと

サンデーサイレンス系とノーザンダンサー系の血統馬が好走していることが分かりました。

また、2枠が非常に好走率が高いことも判明。

タニノフランケル、フランツ、グローリーヴェイズ、ケイティクレバーなどが出走予定。

京都新聞杯2018、血統競馬予想です。

90年代の王道ポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)」のボーカル・セイカです。

 

競馬ファン歴・約20年のセイカが

血統の観点から、週末の重賞について書いていきます。

 

Neontetraの3rdミニアルバム『Eternal』発売を記念した

全国ツアーを行っています!

 

昨日は、初の三重県・四日市でLIVEでした!

 

はじめてやけん、久しぶりにとても緊張しました。

しかしながら、昨日のお客様たちは温かく

楽しくLIVEすることができました!

また来たいな~三重!

 

 

また、東海エリアとしては

名古屋は5月12日(土)12:30~「栄ミナミ音楽祭」という

名古屋一番の音楽フェスティバルに出演します!

夜は、バンド編成で「新栄ハートランド」にて

全国ツアーのライブをする予定!

名古屋在住の皆さん、ぜひ、ふらっと会いに来てね~。

 

■栄ミナミ音楽祭の情報はコチラ

 

さて、今日のブログでは

京都新聞杯2018について

過去5年間の血統データ分析を行っていきます。

注目馬の血統診断も行います。

 

 

京都新聞杯2018 コース分析 傾向分析

京都新聞杯2018が開催される

京都・芝2200mのコース分析と傾向分析です。

 

<京都芝2200m>

 

【1】スピード+持続力がカギ

中間に大きな起伏がありますが

基本的には平たんなコース。

2200mなのでスタミナはもちろんのことですが

スピードや、また、最後の坂を下って

そのまま最後の直線~ゴールまで駆け抜けられる

スピード持続力が必要になってきそうです。

 

 

【2】枠順で差異が。2枠有利!

過去5年間の枠順別成績を見ると

「2枠」の勝率や複勝率が圧倒的に高いことが分かります。

京都は、内策を移動できるため

インのコンディションが良く、そこをうまくついて

コーナーを攻略できる馬は、好走傾向にあります。

 

 

 

過去血統データ分析

京都新聞杯2018について、

過去5年間の血統傾向のデータ分析を行います。

<京都新聞杯2018 過去5年間 血統データ分析>

 

【1】母父はノーザンダンサー系が好相性

母父系はノーザンダンサー系を血統に持つ馬が好走しています。

最後の最後まで

スピードを持続して走り切る力が求められる本コースにおいて

その持続力を補ってくれるノーザンダンサー系やナスルーラ系の血統は

非常に相性が良いのだと思います。

 

<ノーザンダンサー系の相性が良い血統・一例>

・ヴァイスリージェント系

・リファール系

・ストームバード系

・ヌレイエフ系

 

 

【2】サンデーサイレンス系はディープ産駒が好調!しかし・・

父系の血統は、サンデーサイレンス系が相性が良いですね。

さすが京都!

 

サンデーサイレンス系を詳しく観ていくと

やはり、この馬齢と京都というコースでは

スピードやスタミナが豊富な

ディープインパクト産駒が

圧倒的に好相性でしょう。

 

しかしながら、昨年の傾向をみていると

ディープ一辺倒だと痛い目に合いそうなことが分かります。

 

昨年は、ミスプロ系のルーラーシップ産駒がきていたり

晩成血統のハーツクライ産駒がきていたりと

そのあたりの変化を見極める必要があります。

 

基本的にディープインパクト産駒は高く評価したいですが

スタミナ系SS系の

ハーツクライ、ステイゴールド、マンハッタンカフェあたりの馬にも

注視していきたいところです。

 

 

【3】ミスプロ系は毎年1頭はは入ってるけれども

ミスタープロスペクター系は

毎年3着以内に、1頭はその血統をもつ馬が絡んでいます。

しかしながら、本レースにおいては

なかなか主役になることはありません。

 

注目すべきミスプロ系としては

パワー×スタミナの系統ですかね。

 

あとは、3歳馬限定レースなので

今年キテいる(と私が勝手に思っている)ルーラーシップ産駒の馬がいたら

チェックしたいところです。

 

 

京都新聞杯2018 注目馬 血統分析

京都新聞杯2018について、

1週前時点での注目馬を血統分析します。

 

タニノフランケル

父:Frankel(サドラーズウェルズ系)

母父:タニノギムレット(ロベルト系)

 

母はあのウォッカ。超良血場ですね。

パワー型ノーザンダンサー系の

サドラーズウェルズ系×ロベルト系という組み合わせは

血統観点では過去の好走歴はありません。

 

パワー×スタミナ型という感じなので

コースには合いそうですが、問題はスピードですかね。

 

前走は阪神芝2000m・500万下を勝利。

パワーも十分ですし、スタミナも抜群ですね。

 

 

フランツ

父:ディープインパクト(SS系)

母父:ブライアンズタイム(ロベルト系)

 

相性の良いディープ産駒×

こちらも相性の悪くないロベルト系。

スピード×スタミナの理想的な血統です。

 

前走は阪神芝1800m・500万下条件で1着。

ミルコ騎手が引き続き乗るという点で注目です。

 

 

グローリーヴェイズ

父:ディープインパクト(SS系)

母父:スウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系)

 

相性の良いディープインパクトと

パワー型のミスプロ系で相性はそこそこよさそうです。

 

前走の「きさらぎ賞」は2着。

末脚勝負になれば非常に期待できる1頭です。

 

 

ケイティクレバー

父:ハービンジャー(ダンチヒ系)

母父:ディープインパクト(SS系)

 

ハービンジャー産駒は、実は京都2200mの相性は良いです。

また、血統観点で見ると

父系パワー型×母系スピード型なので

スタミナ力がどうかという点が気になりますね。

 

 

1週前時点で、血統観点で一番注目している馬については

こちらに記載しています^^

↓↓↓↓

人気ブログランキング

「セイカ」のプロフィール欄をご覧ください♪

 

血統素質馬を、

ここで事前にチェックしてくださいね!

 

 

ここ1か月の的中

【天皇賞春】

⇒馬連(10.3倍)的中

 

【アンタレスS】

⇒3連複(44.2倍)/馬連(13.6倍)的中

 

【桜花賞】

→3連複(8.3倍)的中

 

【阪神牝馬S】

→3連複(86.6倍)・ワイド2点(42倍 / 14.3倍)

 

【大阪杯】

→3連複(27.8倍)・馬連(29.3倍)的中

 

【マーチS】

⇒3連複(290.2倍)・馬連(25.4倍)・ワイド(25.2倍)的中

 

 

さいごに

上にも書きましたが、

人気ブログランキング に参加中☆

 

推し馬チェック&応援よろしくお願いします!!

 

<今週のブログ予定>

・NHKマイルカップ2018 枠順確定後の血統分析・最終予想

・京都新聞杯 枠順確定後の血統分析・最終予想

・新潟大賞典 過去5年間・3着馬の血統データ分析

 

 

私がボーカルを務める

90年代・王道ポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)

音楽も、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

※ライブの詳細・ご予約・その他フリーライブなどは

コチラ

 

☆Neontetra HP☆

http://neontetra.jpn.com/

 

 

 

<全国ツアー2018にいくよ~>

 

・5/2(水)三重・四日市EAST

・5/3(木祝)大阪・梅田 D'STYLE

・5/6(日)神奈川・伊勢崎町クロスストリート

・5/12(土)昼:栄ミナミ音楽祭/夜:新栄ハートランド

 

【大事】

・7/29(日)夜 渋谷GUILTY(レコ発ツアーファイナルLIVE)

 

血統についてしゃべる動画も

週に2本、UPしとります。

今週は「NHKマイルC2018」です。

出走馬の血統分析については、週末にUP予定です!

ぜひYouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。

 

■NHKマイル2018:枠順確定!出走馬の血統データ分析!最終予想【週末版】

 

 

■NHKマイル2018:過去5年間の血統データ分析

 

 

予想家シンガーセイカのTwitterも

フォロー&チェックよろしくね!

 

*予想家シンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

スポンサーリンク

-血統競馬予想2018年
-, , , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.