Our Sponsors

血統競馬予想2018年

【きさらぎ賞2018】血統予想|データ分析|ディープインパクト産駒が上位独占!早熟血統にも注目!

更新日:

Pocket

血統分析の予想家シンガーセイカです。

2/4(日)は、きさらぎ賞2018(G3)が開催されます。

血統データ・過去5年分を分析。

ディープインパクト産駒が上位独占状態!

ダノンマジェスティ、グローリーヴェイズ、

カツジ、サトノフェイバーらが出走予定。

セイカは2018年・4週連続的中!

きさらぎ賞2018の、

血統競馬予想です。

こんにちは!90'sポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)」の

ボーカルを担当してるセイカです。

 

競馬好き歴・約20の私が

今日も血統観点でブログを書いていきます。

 

さてさて、先週の振り返りですが

先週末1/28の

「シルクロードステークス2018」では

1着:◎ファインニードル (4人気)

2着:○セイウンコウセイ (5人気)

を血統観点で推奨。

 

見事的中!

 

馬単58.3倍

 

という結果でした!!(*^▽^*)

完全に、血統観点から力説していました!

(最終予想ブログはコチラ

 

 

そして、先日、競馬番組

ケースタチャンネル」にて

1/27(土)中京10R「はこべら賞」

をとりあげました。

 

血統的観点から穴馬として、1頭だけ推奨した

「バーンフライ」(10番人気)

1着に!(*^▽^*)

 

単勝配当で45.5倍

でした。

 

詳しくはこちらを♪

 

■ケースタチャンネル

「シルクロードステークス / 根岸ステークス2018予想展望|ケースタチャンネル【競馬予想】」

 

 

 

2018年の週末重賞レース

 

4週連続・的中です♪

 

 

そして、先日は

私がボーカルを務めとるポップスバンド

Neontetraのライブがありました。

コンテストライブですが、

予選通過しました(・ω・)/

 

次回は

【3月7日(水)夜@渋谷ギルティ

にて、

会場代表をかけたライブがあるけん、

ぜひ、皆さんのお時間をいただけると嬉しい!

お客様の投票で結果が決まります!

 

来れるよっ!て方は

Twitterなどにご連絡くださいませ(*^▽^*)

もちろん、ライブ後にお話もできます★

待ってます♪

 

 

 

では本題です!

2018年の競馬は、

4週連続・重賞的中

という絶好調のセイカです。

 

今週2018年2月4日(日)には

きさらぎ賞2018

そして

東京新聞杯2018

が開催されます!

 

今回は、きさらぎ賞2018について

過去5年間の血統データを元に

血統分析を行います!

 

また、コースのポイントも

抑えておきましょう!(^O^)

 

きさらぎ賞2018 コース&傾向分析

きさらぎ賞2018の舞台となる

京都・芝1800mのコース分析を

行っていきます。

 

そして、きさらぎ賞の

傾向分析もあわせて行います。

 

<京都・芝1800m(外回り) コース>

 

 

【1】距離以上のスタミナ力がカギ

3コーナーまでの直線距離が、

なんと900m近くある

非常に特殊なコース。

 

この直線が平坦なため

逆に、スピードが出やすく

距離以上に早く疲れを感じてしまう

そんな特徴があります。

 

そこで、距離適性としては

2000m~22000mくらいまで

対応できるスタミナ馬のほうが

相性はよさそうです。

 

実際に、きさらぎ賞の過去傾向として

前走が2000m以上を走っている馬が

3着以内率40%を超えており

ダントツのトップです。

 

 

【2】前走での人気馬は固い!

前走において

1番人気~2番人気だった馬は

本レースでも3着以内率が

圧倒的に高いというデ―タがでています。

 

 

【3】人気に堅実な決着

オッズに堅実という結果がでています。

3歳馬限定レースですから

素養のある馬は

どうしても抜きんでた人気と結果がついてくるのが

当然っちゃ当然ですよね。

 

 

ここ10年間のデータでは

3着以内馬の人気を分析していくと

 

・1番人気~3番人気の馬から「2頭」

・4番人気~7番人気の馬から「1頭」

 

という構成が最も多いようです!

(2015年は1~3番人気で決着しちゃったけど)

 

これを抑えて買い目を考えていくと

良いかと思います!

 

 

【4】デビュー戦で1着の馬が好走中!

過去5年間のデータをみると

新馬戦で1着になった馬が

本レースを優勝し続けています。

 

迷ったら、新馬戦1着だったか

を見てもよいと思います。

 

 

きさらぎ賞2018 血統データ分析

きさらぎ賞2018について

過去5年間の血統傾向を分析します。

 

<きさらぎ賞 過去血統データ分析>

【1】ディープインパクト産駒の牙城!!

さすが、スピードとある程度のスタミナが求められる

本コース。

ディープインパクト産駒が

2014年以降、毎年

馬券以内に1頭は絡んでいます。

 

ディープ産駒の相手となる

母父は、ノーザンダンサー系が良いですね。

 

パワーのある

ダンチヒ系やヴァイスリージェント系が

良いようです。

 

ミスプロ系とも相性がよさそうです。

 

もう、ディープインパクト産駒ってだけで

評価を上げていい気がしています。

 

 

【2】早熟血統が◎!

 

3歳馬限定レースということで

3歳の、この初冬の段階で

ある程度、血統観点で力を出せる

馬体に仕上がっているか、という点が

大きなポイントになりそうです。

 

そこで、早熟系の血統は

相性が良いですね。

それが、【1】でも書いた

ディープインパクト産駒は

早い段階で力を出せる種牡馬の

代表格です。

好成績を収めとるのも納得。

 

<早熟系でスタミナもある種牡馬・例>

・ステイゴールド産駒

・サンデーサイレンス産駒

・ディープインパクト産駒

・フジキセキ産駒

・ルーラーシップ産駒

・オルフェーヴル産駒

・キングカメハメハ産駒

 

 

【3】ノーザンダンサー系はパワー系が好調

ノーザンダンサー系は

ここ5年間で、系統が変化しとるので

難しいところです。

ここ2~3年だと

スピード系よりも

パワー系血統のほうが

好成績ですね。

 

特に、相手がスピード重視の血統の場合は

例えばディープインパクト産駒のように、

母父にはパワー型のノーザンダンサー系を

チョイスしていきたいと思います。

 

<パワー型ノーザンダンサー系・例>

・ダンチヒ系

・ヴァイスリージェント系

 

 

【4】サンデーサイレンス系の中距離血統が好走

ディープインパクトもそうですが

サンデーサイレンス系が好相性です。

 

特に、2000m以上にも適応できる

スタミナを持っているSS系の馬は

好成績を残していますね。

 

これが、このコースの特徴である

「距離以上にスタミナが求められる」

という一つの結果の現れやと思います。

 

 

きさらぎ賞2018 注目馬 血統チェック

きさらぎ賞2018について

注目の出走馬を見ていこうと思います。

 

ダノンマジェスティ

父:ディープインパクト(SS系)

母父:Essence of Dubai(ボールドルーラー系)

 

ディープインパクト産駒!

来ました!

これだけで評価上げます、今回は。

 

母父ボールドルーラー系とは

なかなか重めのパワー系ですね。

 

まだ新馬戦1戦しかしてませんが

その勝ち方みてると

その素質がどれほどのもんなのかと、

とても楽しみな1頭です。

 

もう1戦くらい、OPか500万を

走ってくれてれば

実力がわかるんですがね。

1戦だけ、特に新馬戦だけやと

なかなか他の馬との比較ができないのが

難しい1頭です。

 

 

 

グローリーヴェイズ

父:ディープインパクト(SS系)

母父: スウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系)

 

こちらもディープ産駒。

評価UPです。

 

これまで2戦して、前走500万下で2着。

あたま差なので、実力というよりは、

という感じの負けですね。

上がり最速でしたし。

 

新馬戦で芝1800mを勝っており

本レースに耐えうる

スタミナはあるのかな、と。

 

あと、M.デムーロ騎手が乗るので

過剰人気しそうですね。

 

 

 

カツジ

父:ディープインパクト(SS系)

母父:ホワイトマズル(リファール系)

 

きました、3頭目のディープ産駒。

ここまでくると

母父をちゃんとみなければいけません。

当然ながら。

 

母父がリファール系ということで

5年前~4年前は

このリファール系が

なかなか良い結果を出していました。

コース適正は高いのでしょう。

 

ただし、それこそデータだけ見ると

ディープ産駒と

リファール系との配合では

3着以内の結果は出ていません。

 

このデータをどう見るかが

カギになってきそうです。

 

 

サトノフェイバー

父:ゼンノロブロイ(SS系)

母父: Distorted Humor(ミスプロ系)

 

1/6にデビューしたばかりの1頭。

新馬戦を勝って臨む1戦ですね。

先ほども書きましたが

新馬しか走っていない馬は

本当に評価が難しい。。

 

この馬の好材料とすれば

新馬戦の距離が芝2000mだということ。

この中距離を

しっかりと勝っているということは

陣営としては

スタミナには自信があるのでしょう。

 

しかし、この1月デビューという時期が

ひっかかります。

なぜもっと早くデビューさせなかったのか、

やはり、晩成なのか?!

 

そのあたり、しっかりと

分析を進めたいと思います。

 

 

今、血統観点で

非常に推したい一頭がいます!

コチラに記載しています!ご覧ください~

↓↓↓↓

人気ブログランキング

非常に面白い血統です!

 

先日のシルクロードSで推した

◎ファインニードル、○セイウンコウセイ

(馬単的中・58.3倍)、

そして、10番人気で推した

はこべら賞・バーンフライ(単勝45.5倍)も

すべて「血統」をメインに推してます!!

 

人気に捉われない

血統素質馬を、

ここでチェックしてください!^^

 

 1月のレースの振り返り

 

【シルクロードステークス2018】NEW

1着:◎ファインニードル

2着:○セイウンコウセイ

→馬単的中(58.3倍)

 

【根岸ステークス2018】NEW

2着:▲サンライズノヴァ

3着:◎カフジテイク

→ワイド的中(3.3倍)

 

【はこべら賞】NEW

※平場の穴馬1頭推奨(ケースタチャンネルより)

1着:バーンフライ(10番人気)

→単勝的中(45.5倍)

 

【アメリカジョッキークラブカップ2018】

1着:◎ダンビュライト

2着:▲ミッキースワロー

→馬単的中(11.2倍)

 

【京成杯2018】

1着:○ジェネラーレウーノ

2着:◎コズミックフォース

→馬連的中(7.8倍)

 

【日経新春杯2018】

1着:△パフォーマプロミス

3着:穴ガンコ

→ワイド的中(13.3倍)

 

【京都金杯2018】

1着:▲ブラックムーン

2着:◎クルーガー

馬連的中(20倍)

 

【中山金杯2018】

2着:◎ウインブライト

3着:▲ストレンジクォーク

ワイド的中(17倍)

 

【フェアリーステークス2018】

1着:☆プリモシーン

3着:×レッドベルローズ

ワイド的中(11倍)

 

 

さいごに

上にも書きましたが、

人気ブログランキング に参加中☆


人気ブログランキング

 

 

<今週のブログ予告>

★東京新聞2018の

 枠順確定後・血統診断を大発表!

→過去の血統データ分析ブログはコチラ

 

★きさらぎ賞2018の

 枠順確定後・血統診断を大発表!

 

を書きます!^^お楽しみに☆彡

 

 

そして、私がボーカルを務める

90'sポップスバンド

Neontetra(ネオンテトラ)

音楽も聞いてみてほしいとです(^o^)

 

次回ライブは

2月24日 6thシングル発売@赤坂グラフィティ、

3月7日 コンテストライブ@渋谷ギルティ

4月7日 3rdミニアルバム全国発売記念ライブ@赤坂グラフィティ

チェックしてみてね!^^

 

YouTubeも

開始1週間で

チャンネル登録500名

を突破しました!

こちらも週に2回投稿するけん

チェックしてね(*^▽^*)

 

・週はじめ版→過去の血統データ分析

・週末版→出走馬の血統データ分析・推奨馬紹介

 

■予想家セイカ YouTubeチャンネル

「【東京新聞杯2018】<週はじめ版!>血統的観点から見た予想動画!」NEW

(2018/1/30公開)

 

以下は、先週末公開になった<週末版>の予想動画です

「【シルクロードステークス2018】<週末版!>血統的観点から見た予想動画!」

(2018/1/26公開)

※ファインニードル、セイウンコウセイについて熱く解説してます

 

 

予想家シンガーセイカのTwitterも

フォロー&チェックよろしくお願いします★

 

*予想家シンガーセイカ*

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@seikakeibaをフォローしよう!

スポンサーリンク

-血統競馬予想2018年
-, , , , ,

Copyright© 予想家シンガーセイカの競馬ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.